あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

東大生の勉強法

 東大生はなぜ勉強ができるか?気になったことはありませんか??

f:id:transparent1289:20180828223410j:plain

 

 

 はじめに

 皆さんは、なぜ、私は沢山勉強をしているのに良い成績がとれないのだろうか

、根本的に才能がないのだろうか、遺伝子の問題なのだろうか、頭が悪いんだろうかと

多少なりとも悩んだ思い出があると思います。自分では解決が出来ず諦めてしまい勉強をしなくなったり腐食します。しかし、それは、才能云々の問題ではないのです誰にだって出来るのです、皆同じ人間なのです。知ってるか知らないかの領域なのです。

 でも、それを知ったからと言って行動しなければ何も意味がありません。私は、少しでも皆さんの役に立てればと思っています。

 早速ですが、東大生がなぜ勉強ができるか?を項目ごとに、なるべく分かりやすく説明していきたいと思います。

 

コツコツやってる

 東大生はコツコツ継続して勉強をします。よく受験生時代は一日2時間しか勉強しなかったと東大生は言いますが、実際はこれまで積み重ねた貯金があるので、受験時代は2時間でも合格できたのです。長期的にみると受験時代に10時間以上勉強して、東大に合格出来た人との総合時間は大差ありません。たまに、あまり勉強しなかったけど、いい成績が採れたと遠回しに自慢気にさり気なく伝えてきますが、影で彼ら彼女らはコツコツ努力をしているのです

 人間の脳は不必要な情報を忘れるようなシステムになっています

繰り返し反復練習してる

 人間は一回覚えた内容でも使わなければ、忘れていきます。

 しかし、繰り返し反復をすることで、脳は「コレは生きるために必要な情報なんだ!」っと勘違いして 海馬という脳の一部で長期保存され、記憶として残りやすくなります

忘却曲線 - Wikipedia 

記憶に関する脳領域は海馬と扁桃体の2つであるが、それぞれの役割は? : 髙岸悟の研究

 

 

自分の意思で行動をしている

  また、多くの東大生は親から勉強をしなさいと言われるケースが少ないです。もし、他人から勉強をしなさいと言われると、あまり気分は良くないですよね?それは、自分の存在価値が下がってしまい親の意思と自分の意思に神経が複数に分散され、勉強に身が入らなくなります。それを繰り返すことで勉強が嫌いになります(負のスパイラルの完成)。しかし、親から何もいわれないで自分の意思で勉強をすると自分自身の存在価値が上がり自分の意思だけになり神経が分散されなく、相乗効果により集中力も上がります。

「東大合格する子の親は勉強しろと言わない」は本当? [子供の教育] All About

 

 

完璧を追求しない

 勉強が苦手な人は、完璧を追求してしまい減点方式になってしまいます。減点方式とは、物事をマイナスに捉えることです。テストで例えますと100点が満点だとして70点を採ったとしましょう、その時、頭の中では-30点され70点しか採れなかったと無意識の領域で考えます。減点方式で物事を考えてしますと勉強そのものが嫌になり長続きしなくなったり集中力が低下します。

 その点、東大生は70点採ったとしましょう。加点式思考間違えたところは復習して次に活かそうとします。また、完璧を目指そうとしない分、精神的に余裕が出来て本番で落ち着いてテストに挑むことが出来るのも東大生の特徴でもあります。東大生は、知らないと出来ないのが当たり前、人間は忘れる生き物だからしょうがないと考え、次に切り替えます。

 

 

情報収集してる・効率が良い

 東大生は、情報を集めて余計なことはしません。スポーツで例えましょう。サッカーの試合があるとしましょう、東大生はサッカー経験者から指導を受けサッカーの練習をします。勉強が苦手の人は、自分で考えてサッカーの練習をします。

 受験勉強に例えますと、東大合格者は東大過去問を繰り返し解きますが、東大不合格者は自分なりに考えて勉強します。

 電気を流すにも、一番エネルギーを消費されるのはスイッチをオン(0→1)にした時ですよね、東大生は一番エネルギーを消費する、スイッチをオン(1の状態)にする時間を避け、最初からオンの状態を利用して、先生や監督に指導してもらいます。天才は0を1にした人達のことを言います。皮肉なことに、東大生には天才が生まれないと言われるのにも繋がりますよね。勉強が出来ない人は、誰にも頼らないで0を1にしようとします。確かに、0を1にする力は得られますが、ものすごいエネルギーが消費され、受験に必要な勉強が出来ないくなるので、情報を集めて、効率的に勉強をしましょう

まとめ

 上記は独自の考えであり、独り言です。勿論、全てがそうであるとは思ってはいません。一部に過ぎなので参考程度に流して頂ければと思っています。極論で不快感を与えてしまった方には申し訳ありません。更に細かく辿っていけば、格差問題とかに繋がり、きりがないのでここまでにしておきます。

 

子どもの学力を決めるのは、地域と家庭の教育レベル(ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース