あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

タイピング速度を3ヶ月で向上させる方法

 

f:id:transparent1289:20180908234732j:plain

 

 

はじめに

 私は元々タイピングが遅かったが、あることを3ヶ月続けたことでタイピング速度を向上できた。その練習方法を伝授していきたいと思う。

 

正しい指の位置を覚える

 私は、色んな人のタイピングの仕方を見てきた。その中で、タイピングの早い人の特徴は指の位置の定位置が決まっており、無駄の少ない動きになっている。また、10本の指を全て使っている。人によっては、指の位置が違う独自の定位置でタイピングをしている人がいるが、一般的な位置があるので覚えておこう。

画像検索「タイピング ホームポジション」で検索すれば、基本的な指の位置情報の画像が表示されるので、それをみて覚えて置くといいだろう。独自性のホームポジションもあり、なかなか面白い。

 

キーボードをみない

 キーボードを見ないで、画面を見ながらタイピングをすることをブラインドタッチという。初心者は、最初は無意識にキーボードを見てしまう。しかし、そこは我慢をして、ホームポジションを意識しながら、何回も間違えての繰り返しである。それを行うことで、何だかよく分からないけど直感的にキーボードを見ないでタイピングが出来てるようになる。

 

繰り返し練習をする

 ゆっくりでもいいから、粘り強く繰り返し練習が必要。結局は繰り返し練習になるのか、って思う方もいるかも知れないが、ただ何回も練習しても意味がないのである。ここまで、読んでくれた方なら基本的な、正しいホームポジションキーボードを見ないことの重要性がわかっている。その2つの重要な知識を知るか知らないかで、上達速度が格段に違ってくる。勉強やスポーツでも、だた見て真似るだけでは、かなりの時間を費やしてしまい時間の無駄になる。勉強なら、塾に通い塾講師に問題の傾向、解き方のコツを教わるだろう、それを知ってるか知らないかで問題を解くスピードが変わる。スポーツでも同様なことが言える。

 練習するには「タイピング練習」と検索すれば、沢山、無料タイピングゲームがヒットするので、それを活用すればよい。

 

時間を計る

 毎日、同じ文字数の文を打ち、時間を計る。時間を計るのは重要である。時間を計ることで、目でどのくらい上達しているのか分かるので継続が出来、モチベーションが向上する。面白いことに、毎日時間を計ることで時間が短縮されたり遅くなったりと規則的に変化したり、時間速度で、その日の自分自身の体調も分かってしまう。

 

一日2時間ひたすらタイピングをする

 ひたすら、スピードを意識しないで、正しいホームでタイピングをする。どうしても、時間を意識すると正しいホームが乱れてしまい、ミスが多発しタイピング速度が向上しにくくなる。また、スピードを意識しすぎるあまり、変な癖がついてしまう。なので、ひたすらスピードを意識しないタイピン練習も重要になる。

 

まとめ

 以上が、私個人が行い上達したタイピング練習である。現在社会は、パソコンを使う機会が多くなってきている。そこで、タイピングが少しでも速いだけでどれ位の時間が有効活用できるのかを想像するだけで、タイピング練習はやっておくだけでも損にはならないであろう。皆さんも、是非、様々なタイピング練習ノウハウを見つけで練習してみてはどうだろうか。