あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

ジュニアNISAとは

f:id:transparent1289:20180909210417j:plain

 

 

 

ジュニアNISAとは

 ジュニアNISAとは簡単に説明すると親や祖父母が子供の将来の為に、投資しましょうという制度です。そもそも、NISAって何?って方もいるかも知れません。NISAとは投資のことです。え?投資って株とかの?はい、雑に言えば株式投資みたいな感じで投信です。

株とNISAの違い

 ただ、株とNISAの大きな違いといえばハイリスクハイリターンが大本になってきます。株は、投資金額が大きい分リターンが大きいが、リスクも大きいです。NISAは少額から始められ、リスクが少ないがリターンも少ないです。投資初心者の方には、NISAの方をオススメします。少しずつ投資についての知識が付き、流れなどが分かり勉強にもなります。慣れてくれば、株式投資を始めてみてはどうでもうしょか?

投資での注意

 しかし、注意しなければならないことがあります。それは、経済的に生活が出来る状態であり、無くなっても良いという程度のお金を投資金に回しましょう。投資金はどれ位がいいの?って方は検索で「投資金の基準」等と検索すれば、自分自身に見合った投資金が分かるはずです。

期間がある

 それでは、少し投資の知識を周知した上で、もう少しジュニアNISAについて説明していきましょう。ジュニアってことは大人バージョンもあるの?って思った方がいるかもしれません。はい、あります。その件は、また機会があれば投稿しようかと思います。ジュニアNISAは2016年に始まりました。そう、最近の出来事で認知されていない方も多いかと思います。しかも、口座を開設できる期間が2016年から2023年までの8年間だけになっています。なので、経済的に余裕があり、お金の使い道がわからない人には、是非やってみてはっと思っています。

ジュニアNISAのメリット

 ジュニアNISAのメリットは?はい、ジュニアNISAの大きなメリットは配当金に対して本来なら20%の税金が掛からないということです。配当金とは、例えば10万円投資します。それで10万円が12万円になって2万円分増えます。その増えた2万円が配当金になります。話が戻りますが、普通は増えた2万円に20%の税金が掛かり2万円×20%(0.2)=4,000円が税金になります。ジュニアNISAだと非課税なので税金である4,000円を自分のモノに出来ます。いや、流石に良いところばかりだな、何かあるんでしょ?はい、もちろんあります。それは条件です。その条件は、子供(孫)が18歳になるまで引き出せないということです。正確には、引き出せますが、子供(孫)が18歳未満で引き出してしまうとジュニアNISAのメリットである本来、非課税のモノが課税され20%の税金を支払う必要になるのです。もし、急遽どうしようもない状態に陥った時には、特別対応として何らかの対応がされる場合もあるみたいです。ジュニアNISAは子供の為の投資と言いましたが、子供の教育費以外にも使えるみたいです。もっと詳しく知りたい方は、下記URL「ジュニアNISA入門-作者:深野康彦」の本をご覧になってみてはいかがでしょうか。個人的には分かりやすい内容でした。

 

参考1:配当金(はいとうきん)とは - コトバンク

参考2:非課税(ヒカゼイ)とは - コトバンク