あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

読書を継続させる方法

f:id:transparent1289:20180912231309j:plain

 

最初に 

 読書の仕方には色々あると思います。読み方には、精読、速読、黙読、熟読など。また、タイトルだけを読んで、その記載されている内容を自分なりに、今までの経験と照らし合わせてイメージをする読書方法などもあり、読書の楽しみ方には色々あり、面白いなと思います。

 読書が嫌いと言っている人の殆どが、私個人の見解になるのですが、1から10全てを読んで、意識的に頭を使って内容を覚えようとしている気がします。しかし、私は、思うのです。本には人によって必要な内容、不必要な内容があり、また、何が重要か違ってくるもんだと。しかし、不必要なところまで、細かく頭を意識的に使って読んでしまうと疲れてしまい、読書は疲れるモノという潜入感が生じて、読書を嫌いになる様な気がするんです。確かに、私も全てを読もうとする気持ちは分かります。学生時代の授業は、基本全てを音読していましたし、そう教えて来られた方が殆どかもしれません。本を嫌いにさせてしまう様な教育、教育機関が悪いって訳ではありません。それは、必然的なモノだと私は思うのです。なぜなら、若いってまだ、経験が浅いですよね。経験が浅いのに、細かい部分を飛ばしてしまうと、土台が崩れやすくなります。経験豊富な大人からみると不必要なモノが、若い人にとっては、初めて触れる細かいモノ全てが、重要なモノになるのです。教育機関が柔軟性を欠くしているっとおっしゃる方の考えもわかりますが、、。

もう少し、余計なエネルギーを使わないで、読書をしたくありませんか?それも、人によるのだろうなって思うけど、少なくとも、余計なエネルギーを使わなくなると少しでも読書が好きになるんではないのかなっと思っています。読書は、著者の人生一生のモノが記載がされていたりします。人生って一回しかありませんよね。一回じゃないよ?て言う方もいるかもしれませんが、今回は、一般常識内で一回しかありませんと仮定しますね。

 本を一冊読むだけで、その人の一生の事が分かるかもしれません。そうすれば、なにかお得感がある気がしませんか?人生1回しかないけど、その人の価値観を知ることで2回分の人生を歩んでいるような気がして。そして、回数を重ねることによって、様々な価値観が直接、自分自身て経験しなくても間接的に経験出来、色んな価値観を知ることが出来るかもしれないのです。読書を強制的に進めようとは思いませんが、読書をする機会を少しでも与えられたら良いなと思っています。

 

好きな本だけで良い

  なんでも良いです。漫画、雑誌、新聞、ブログ、ゲームの攻略本。読んでいるうちに様々なことにおいて、「これってどういう意味なんだろう」「なんでなんだろう」と刺激が貰えます。その刺激を少しずつ蓄えていくのです。それを蓄えると気持ちがモヤモヤして知りたいという好奇心になり、もっと知りたいというエネルギーに変換され、また、本を読むというサイクルが生じます。

 

適当でよい

度々、ブログとかで、「年間読書量300冊!」「1,000冊!読んでます!」というフレーズを拝見したことがあると思います。誰もが、え?すごい、、、私には無理の領域、、自頭が、、、と思い、読書に対して、余計になんだかよく分からないけど、嫌気が生じたりしませんか?あまり、気にしないください。その人達は、本の速度が速いというよりかは、正確に言いますと、経験値と読み方が違うだけでありまして、誰にでも読書量を増やすのは可能ではあります。最初にもいいましたが、読み方には色々あります。精読、速読、黙読、熟読など。年間1,000冊とおっしゃっている方は基本、新聞とか雑誌、漫画を数に含んでいる場合や、自分の時間を確保してる人、目を通さないでタイトル、項目、目についた気になる単語の一文だけを読んるって方もいます。しかも、内容は全部覚えるっていうよりかは、自分の過去の経験で内容をイメージすることもあるのです。そうすれば、全てに目を通さなくとも1年間に1,000冊は読めるのです。これで、読書量の多い人のカラクリは分かったと思います。なので、皆さんは周りの事は気にせず、自分のペースで読んでみてください。一年で1冊でもいいと思います。ゆっくりじっくり考えながら、感動しながら、とりあえず、行動するのが大事だと思います。完璧じゃなくても良いんですよ。

 

記録する

記録といっても、感想とかじゃなく、ほんのちょっとした記録だけでいいです。例えば、日付、タイトル、著者、読書回数などです。今は、アプリとかで読書専用記録アプリがあったりして便利です。何を読んだかと記録して可視化するだけでも、過去に読んだ内容を覚えて無くても、「コレくらい読んだんだ」という成果になりモチベーションに繋がります。

 

まとめ

 読書って適当でいいって事が分かって頂いたと思います。読書によって、心が豊かになり、視野が広がり、人生そのものに充実感を与えてくれるモノだと思っています。この機会に何か読んでみてはいかがですか。個人的に紹介したい本がありますが、皆さんに読書を継続してほしいという思いに反してしまうかもしれませんので、今回は紹介をしないようにします。