あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

保険について

f:id:transparent1289:20180924175124j:plain

 

さいしょに

 保険ってなんだか色々あってよくわからなくないですか?何に加入していいのか、営業成績のために良い面ばかり言っているのではないのかとか?など思い、営業者を疑ってしまったりしないでしょうか?なるべく分かりやすく説明していきたいと思います。

 

保険とは

 もしかしたら、事故に合うかもしれない、病気になって医療費が払えなくなるかもしれないなどの不安があるかと思います。特殊能力が無い限り、将来のことなんて分からないですよね、そんな不安を取り除いてくれるのが保険なのです。
 保険は、なんらかの事故で不幸が起きても対応できるように前もって料金を支払って保険に加入します。保険には大きく分けて、国や地方公共団体が運営している公的保険と民間の保険会社が運営している私的保険があります
 私的保険はさらに3つに分けられ、生命保険、損害保険、第三分野の保険があります。またさらに、生命保険、損害保険、第三分野の保険には様々な種類の保険に分けられます。なんだか、よく分からないですよね。。
 今回は、皆さんが任意で加入するのに一番困るであらうと思われる。私的保険であるについて記載していきたいと思います。

f:id:transparent1289:20180924181939p:plain

 

私的保険

 私的保険には、先程にもいいましたが、生命保険。損害保険、第三分野の保険があり、さらに区分けされます。

 

 生命保険

 生命保険は生命に関係する保険で死亡保険、生存保険、生死混合保険があります。

 

死亡保険

 死亡保険は、被保険者が死亡したり障害が生じた時に保険が適用されます。え?死亡したときだけじゃないの?ってなりますよね?そうなんですよ、区分け出来なくなって混乱しちゃいますよね。それは、そんなモノなんだと流すしかありません。
 ついでに、被保険者とは、保険を受ける対象者って意味になります。

 

生存保険

 生存保険は、被保険者が生存しているときに保険が適用される保険になります。

 

 生死混合保険

 生死混合保険は、死亡保険と生存保険を組み合わせた保険になります。

 

 損害保険

 損害保険は、故や火災などが起こり、その損害を補う保険になります。火災保険、地震保険、自動車保険、傷害保険、賠償責任保険などがあります。

 

第三分野の保険

 第三分野の保険は、怪我、病気などに備える為の保険で、生命保険と損害保険以外の保険になります。主に、医療保険、がん保険、介護保険になります。

 

さいごに

 保険って色々あって区分けするのに苦労しますよね。今回は、ザックリと、どんな種類があるのかと説明しました。機会があれば、保険のしくみについて記載していけたらと思っています。ここまで読んで頂きありがとうございます。