あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

修学旅行を100パーセント楽しむためには

f:id:transparent1289:20181027174407j:plain

みなさん、こんばんは。

あぽろんと申します。

 

皆さんは、人生に1回は修学旅行に行ったことがあるかと思われます。

え?ないって?

失礼しました。

恐らく、多くの方がこれから、修学旅行を経験したり、

経験したことがあるかとおもいます。

 

学校によっては、海外旅行だったり、国内旅行だったり、

生徒の意見で旅行先を決めたりもしますよね。

学生さんにとっては、一生に数回しかない

大イベントです。

いろいろと計画を立てるだけで、

とてもワクワクしませんか?

私は、ワクワクしてました。

 

学生って言えば修学旅行!っというくらい

修学旅行を楽しみにしていました。

皆さんもそうだと思います。

 

ん?そうじゃないって??

失礼しました。

それも人それぞれですよね。

 

修学旅行ってなりますと、

普段と違う経験もしますし、

色んな発見と出逢いがあります

 

日常の学校生活では、

あまり会話をしなかった人たちとも

改めて、会話をする機会を設けてくれて

友達を増やすチャンスでもあります。

 

修学旅行って

その人の普段知ることができない、

以外な一面が見えたりして

感動が沢山あります。

 

普段、あまり話したくないなって

思っている人がいたとしても、

以外のいち面を見て、

それ以降仲良くなるということも有りえます。

 

そんな、楽しいことが沢山であろうの修学旅行を

台無しにしたくありませんよね?

できれば、最高の思い出にしてみたくありませんか?

 

前置きが、とてつもなく長くなってしまいましたが、

今回は、修学旅行を100パーセント楽しむため

ノウハウは伝授していきたいと思います。

 

班決め

はい、班決めです。

これは、修学旅行を楽しむには、最も大事な要素だと思います。

学校にもよるかもしれませんが、

班は自由に決められたり、もしくは、

今の席での班だったりもしますよね。

 

クラスの雰囲気にもよりますよね。

雰囲気がよければ、基本自由に班が作れるけど、

そこまでよろしくなければ、ある程度規則的なものが

追加されて、自由度がなくなります。

 

今回は、自由に班を決めても良いってことに

なればの話になります。

もし、自由ってことになれば、

仲がいい人同士で組んでください

なんだか矛盾しますよね、、

もしくは、ある程度余り関わったことがないけど、

ある程度会話したことがある人。

仲が合わない人とは、まずは組まないほうがいいでしょう

そのような人たちは、修学旅行で関わる機会があれば、

積極的に関わると良いです。

 

修学旅行を楽しむには、やはり、仲がよろしくなければ

旅行の楽しさが中和されて、100パーセント楽しむのは

困難になります。楽しむ為の土台となるのは、

同じ班との関係性が関連してきます。

 

 平等に

修学旅行には、必ず自由時間が設けられているかと思います。

自由時間がないって方はココの内容は飛ばしてください。

まず初めに、班のみんなで一人ずつ3つくらい行ってみたい観光名所を

挙げてみましょう

それで、票が多かった所を優先的に行くようにしましょう

もし、一人の意見だけに偏ってしまえば、みんなが納得しません。

実際一人に意見でその経路で観光して楽しくなければ、

責任は全てその人に向いてしまいます、

複数の意見でのもとであれば、責任が分散されて不快感が軽減されます。

リスク分散の法則ですね。

 

計画的に

観光ヶ所は沢山あり、行きたい場所が多いかと思います、

しかし、多すぎると、一つ一つの観光時間が短くなり、

心の底からじっくりと感じて楽しめなくなるので、

程よく、移動距離などを考えながら計画を立てましょう

 

ここまでになります。

修学旅行の季節ですかね。

ここまで、読んで頂きありがとうございました。