あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

人を選ぶべき?それとも、選ばないべき?

f:id:transparent1289:20181103125727p:plain

はい、どうも、こんばんは。

あぽろんと申します。

 

今回は、人は選ぶべき?それとも、選ばないべき?

についてお話していきたいと思います。

 

皆さんは、人と関わる時、人を選んでいますか?

それとも、だれとでも公平に接していますか?

恐らく、

様々な理屈に基づいて、人を選んでいる人もいれば、

いない人もいるかと思います。

若いころって、学校の先生や親、目上の人に

人を選ぶな!選ばない方がいい!

と言われ、変な先入観が生じて、

人を選ぶ人に対してマイナスなイメージがあるかもしれません

 

私は、どちらかと言うと

人を選ぶのは、あまり良いイメージが無かったので、

表面的には、人を選んでいませんでした。

偽善者を演じていましたね。

今になっては、偽善者かどうかはどうでもいいんですけどね。

偽善者を演じるのは、相手に嘘をついている様で、

良いイメージがないかもしれませんが、

その人なりの価値観であって、客観的からでは

理解できない領域にがあります

他人のことをとやかく言う人なんてスルーすればいいと思いますよ。

 

さて、毎度ながら

話がズレてしまいますね。

人は選ぶべきではない!という

偽善者を演じていた私は、

とりあえず、この人苦手だなっ、、息が詰まり

変な汗をかき、

身体が訴えながらも、

色んな価値観を持った方々と接していましたね。

たしかに、

周囲の人たちが言う、人を選ばない事によって

得られたことはあります。

それは、

苦手ながらも周囲の人と接するうちに、

接している人の価値観がなんとなく分かってきて

視野が広がったこと

相手に合わせるのスキルが身についてきたような

感じがあることですかね。

その反面、

人を選ばないことでマイナスな面を見つかってきましたね。

それは、相手に合わせるばかり、

自分という心となる軸が太く丈夫に形成されにくくなり、

優柔不断になるということ、

無意識に、周囲のことばかりに神経を使いすぎて、

集中力が低下しましたね。

また、無駄な神経エネルギーを使いすぎて、

身体を壊しました。

 

人を選ばないのは、確かに

表面的な部分だけを見れば

とても美しい言葉なのかもしれませんね。

しかし、

中を開けてみれば、

美しいものにはトゲがあるのです。

 

人を選ぶな!という一言で終わらせる人の、

価値観も分かりますが、

どう思うかは、あなた自身の問題であって

他人に押し付けるものでないということを

認知したほうがいいかもしれませんね。

 

無理して人を選んで、

自分まで腐ってしまえば、

自分に関わる人まで、腐ってしまうのです。

 

なので、状況によっては、人は選んだり、

選ばなかったりと変化する必要があるかもしれませんね。

 

今回は、ココまでです。

読んで頂きありがとうございました。