あぽろんの日常

年間100冊以上の本を読んでいます。様々なライフスタイル等のノウハウを記載している雑記です。どうぞ宜しくお願いします。

ぽっちゃりだった私が今の体型を維持し続けている理由 ダイエット法

 

f:id:transparent1289:20181106230308p:plain

どうも、こんばんは。

あぽろんと申します。

 

今回は、

ぽっちゃりだった私が今の体型を維持し続けている理由

について、お話していきたいと思います。

 

もしかしたら、ダイエットの参考になるのかもしれません。

しかし、私が今からお話する内容は、ダイエットという概念に

はてはまるのかどうかは分かりませんので、

個々の判断にお任せしたいと思いっています。

 

私は、元々は太りやすい体質でした。

いえ、今でも太りやすい体質だと思います。

健康診断での肥満率はいつも、太り気味というランク付けでした。

冬になると、必ずと言っていいほど体重が増えているなって

分かるほど、脂肪が増えているのを感じていました。

当時、ぼっちゃりだった私は、細身の人をみると、

自信が惨めな気持ちになっていました、

しかし、もし自分が、今ぽっちゃりだったとしても、

惨めには感じませんかね。

それは、なぜかと言いますと話がズレてしまいますので、

今後の記事に機会があれば、記載していきたいと思います。

 

話を戻しますと、今では細身体型を維持し続けています。

その細身体型を維持しているのは、

意識的に行っていることではなく、

無意識的に行っていることによって、

細身体型を維持できてる気がします。

 

皆さんは、学校の授業中とか

よくお腹が空きませんか?

空いた覚えはありませんでしたか?

恐らく、多くの方がそうだと思います。

そうじゃない人もいるかもしれませんが、

授業中、お腹が鳴っている人が多かった気がします。

それは、脳を使ってエネルギーを消費している証拠なのです。

脳は糖分をエネルギー源にします

糖分が不足すれば、脂肪を分解して、分解した脂肪を糖分に変換して、

変換した糖分を脳を動かすエネルギー源として消費します。

そう、授業中だけに限ったことではありませんが、

脳を動かすことによってエネルギーが消費されるのです。

そして、自然に太りにくい体型になります。

もちろん、脳をフル活動していたとしても、

そうじゃない体型にならない場合もあります、

 

脳を動かすには色んな方法があります。

例えばですが、人間関係で言いますと、

他人の価値観をイメージするだけで、脳は働きます。

さらに、他人の価値観をイメージしながら、

その人とどの様に、接すると良い関係が保てるのかなど、

考えるだけで結構、脳を使います。

 

日常のちょっとしたことでもいいです。

今日の晩ご飯は、これを作ったから、

明日は今日余った材料で何を作るという計画を

頭の隅で考えるだけでもいいです。

この前、見たテレビの内容を思い出して、

思い出し笑いをするだけでもいいです。

 

その様に、日常的に無意識の領域で、

ストレスが掛からない程度に、

自分の好きなことを考えると、

脳が活発になり、エネルギーが消費され、

細身体型が維持できます。

もちろん、必ずそうなるとは

言い切れません

人それぞれ、生まれながらの

体質もありますので、、

 

世の中には、いろんなダイエット法があります。

数多くあるダイエット法から、

短期的に痩せれた場合、短期間でリバウンドする傾向

あるような気がします。

長期的に細身体型を維持するには、

長期的にストレスなく続けられる行為が

必要になるのかもしれません。

 

今回は、ここまでです。

読んで頂きありがとうございました。