年齢=貧乏人が貧乏でも貧乏の楽しさを伝えられたらいいな物語

年間100冊以上の本を読んでいます。ノウハウや私貧乏人である貧乏術などの記事を書いています。

柴犬の毛をブラッシングしてみた。こんなことになるとは、、思っていたかもしれません。っと書きたいだけ。

 

 

 はい、こんにちは。

あぽろんです。

 

春ですね。

良い天気ですね。

散歩日和ですね。

 

犬という柴犬というペットを

飼っていまして、

抜け毛時期みたいなので、

天候も良いということで、

柴犬のブラッシングをしました。

 

っというよりかは、

新しく、評価が高い

ペット用ブラッシング手袋を

試してみたい

という

個人的な思いから

柴犬のブラッシングを実行しました。

使用したブラッシング道具

f:id:transparent1289:20190421141128j:plain

 今回使用しました、

ペット用ブラッシング手袋は、

多くの方が使用されていて人気があるみたいです。

 

手袋のサイズは比較的に大きく

両手用で1セットで800円くらいと

お手軽でした。

 

わたくしの場合は、

某有名ネット通販で購入しましたが、

注意しないといけないことがあります。

 

それは、

今回は両手用手袋でしたが、

中には片方だけで600円で売っていたりも

します。

値段だけで購入してしまうと、

両手手袋を希望していたつもりが、

片手分しか届かなかった

っという注文ミスが

生じるかもしれませんので

注意してくださいね。

 

ブラッシング実行

それでは、

実際に

柴犬という犬というペットに

ブラッシングを実行していきましょう。

ブラッシングの注意点

ここでは、注意点があります。

ブラッシングは楽しいものなんだよ?

っとペットに教えるためにも

優しく、嫌がらない程度にしましょう。

特に、初めて実行するとき注意が必要です。

嫌がっていたら、やめて、

改めて、時間をおいて

策を考えましょう。

f:id:transparent1289:20190421141306j:plain

最初、柴犬さんは、どうやら

怖がっていたみたいです。

 

しかし、時間が経つにつれて

どうやら慣れてきたみたいです。

 

最終的には、

マッサージみたいな感じで、

気持ちよさそうでした

 

どうやら、

次からも、継続して

定期的にブラッシングが実行できそうです。

 

嫌がっていたら、

また違う策を考えなければ

ならなかったところであります。


f:id:transparent1289:20190421140215j:plain

 

軽く、ブラッシングしただけでも、

結構な量の毛が抜けました。

 

ガッツリ

柴犬という犬というペットが

嫌がっていなければ、

もう少し、強めに力をいれると

毛がたくさん撮れたのではないでしょうか。

 

こんな感じです

f:id:transparent1289:20190421140757j:plain

手袋に引っかかった毛は、

もう一つの手を使わずに、

ブンッブンッっと

片手を振れば、

きれいに

犬というペットという柴犬の毛が

取れます。

 

こんな感じです

f:id:transparent1289:20190421140922j:plain

 

手袋に毛がついたものが

こんなにきれいにとれるとは

思っていませんでしたので、

 感動しています。

 

お手軽価格で、評価が高いだけは

ありますね。

 

どうやら、

柴犬は、ご満悦に満ち溢れている

感じがあしました

 

さいごに

使ってみた感想、

柴犬という犬は、

大人しくってブラッシングしやすかったです。

 

なにかコメントとか、

他に良い方法がありましたら、

意見を頂けると幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました。